好印象な英文メールの書き方とは?

ポイントを絞って、わかりやすい英文を書こう

外資系企業で仕事をする場合、求人への応募から始まり、仕事に就いた後も取引先や同僚、上司とのやりとりなど、あらゆるシーンで英文メールを書くことが必要になります。外資系企業で働きたいという人ならば、ある程度は英語は得意という人が多いでしょうが、ビジネスシーンで相手に好印象を持ってもらう英文メールを書くにはちょっとしたコツがあります。
よくあるパターンでわかりづらいメールになるのが、日本語をそのまま訳したような文章です。時間をかけて英訳しても、長々とした文章になっていれば、読みにくく、応募書類に添えたメールならそれだけでNGになりかねません。まずは、そのメールは何を書きたいのか、求人への応募なら、履歴書を送る目的とその企業へのアピールポイントに絞るなど内容を整理し、ストレートに伝える英文を書きましょう。季節の挨拶や大仰な言葉を使う必要はありません。いきなり要件に入っても大丈夫です。

丁寧な表現を使いこなそう

英文メールは、紙に書く英文レターよりはカジュアルな表現を使うことができます。けれども、やはりビジネスシーンで使う英文メールにはそれなりに丁寧な文章を使うほうが、相手からの好感度も増すでしょう。よく英語には敬語がないと言われますが、丁寧な表現というものはあります。「would」や「could」「may」などの言葉を使った表現です。要件はシンプルかつストレートに、けれど表現に丁寧さを取り入れれば、より洗練された英文メールになります。また、末文には「I would appreciate~」や「I look forward to ~」といった相手への感謝や気遣いのフレーズも必ず沿えてください。これでネイティブスピーカーにも好印象を持たれる英文メールになるでしょう。

英語で面接を受ける際は、相手とコミュニケーションを取ることが最も大切です。そのために、リスニング力を鍛えて相手の言っていることを理解できるようにならなければなりません。

© Copyright Employment Seeker Required. All Rights Reserved.