就職前に要確認!外資系企業のメリット、デメリット

外資系企業のメリットはこんなにある

就職先を選ぶポイントの中に外資系企業かどうかという点も入ってきます。外資系企業には様々なメリットがあり、その中でも1番のメリットは昇級のスピードが国内の企業よりも早いです。その理由ですが、外資系企業の場合成果主義であり、能力があるとすぐに反映されやすい風土だからです。企業にもよりますが、勤務時間外でクリスマスパーティーやサンクスギビングなどを企画している会社もあります。そちらは仕事ではないので、自己負担さえすれば家族も参加できるなど日本企業にはない特徴です。上司が外国人の時もあり、日本人の上司では体験できない事を経験できたり、それに伴い英語などの語学力がアップしていくのも外資系企業の大きなポイントです。

しかしメリット以外もあり、注意が必要です。

良い点ばかり目立つ外資系企業ですが、デメリットもあります。その中で一番のデメリットは昇級も早いけど、降格も早い点です。成果をあげても、その後に成果があがらないとすぐに降格してしまい、プライドが高い人だとそれで思い悩んでしまう場合もあります。また日本企業だと手厚い福利厚生が、外資系企業の場合だと全くないか、あったとしても微々たるものである可能性も否定できないです。そのため外資系企業の求人情報を見る時には基本給だけでなく、福利厚生や総支給額まできちんと確認することが大切です。さらにプロジェクトによっては長時間勤務になる場合もあるので、長時間勤務となった場合の超過勤務や振替休日が提供されているかどうかも確認する必要があります。

英語で履歴書を作る時には、これまでの社会経験を分かりやすい表現でアピールすることや、オリジナリティにこだわることがポイントです。

© Copyright Employment Seeker Required. All Rights Reserved.